観察記録(主に野鳥)です。

  <<2022年9月のさいたま気ままなぶらぶら歩き>>

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2022年9月27日 8:45~11:15 天気:晴れ)
     今日はとても嬉しい出会いがありました。
     それは「ヨシゴイ」で,ここでは2002年以来,実に20年ぶりです。
     2018年と2019年には,ここの南側の下沼の上を飛ぶ姿を観察
    しましたが,ここ上沼では久しく観察できませんでしたので大変嬉しく
    ちょっと興奮してしまいました。やったあー,ラッキー!!
     これからは,毎年来てくれることを願いましょう。
     ルンルン気分で歩いて行くと,目の前に「キジ(♀)」の出現です。
     良かったねと歓迎してくれるかのようにポーズをとってくれました。
     また,今冬初めて「オオバン」の観察ができました。
     「バン」の若鳥もいましたが,「コガモ」は見つかりませんでした。
     田圃にはまだ「タシギ」が多くいましたが,近づくと直ぐに飛び立って
    しまいます。そんな中,うーん「タマシギ」の雌です。
     先日の雄に続き雌とご対面で久し振りでした。

    観察できた野鳥
     キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,ヨシゴイ,アオサギ,ダイサギ,
     チュウサギ,タシギ,タマシギ,カワセミ,モズ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒヨドリ,オオヨシキリ,ムクドリ,
     スズメ,ハクセキレイ,セグロセキレイの21種類

        
     ヨシゴイ   キジ     バン   タマシギ   タシギ

   〇おまけ(2022年9月26日)
     昨日,撮影できなかった「カケス」を目当てに出掛けましたが,今日も
    ダメでした。帰り掛け上空を飛んできたので慌ててカメラを向けましたが
    後ろ姿が精一杯でした。
     「キビタキ」は声はするのですが姿は見つけられません。
     あっ,いたと撮影しましたがこちらも後ろ姿でした。
     上空を「オオタカ」が飛んできましたが気が付くのが遅く。これまた
    後ろ姿です。ということで,今日は,後ろ姿ばかりとなりました。
     「カケス」,「キビタキ(♀)」は今季初撮りですので,掲載しました。
     出来の悪い画像でごめんなさい。

         
      キビタキ(♀)  カケス   オオタカ    コゲラ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2022年9月25日 9:00~11:00 天気:晴れ)
     ようやく雨の心配をしないで済む日となりました。
     今冬初めて「カケス」の観察はできましたが証拠写真はダメでした。
     こちらも例年より遅いようですね。
     久し振りに「ヤマガラ」の観察ができました。
     この時期になると,”エゴノキの実”を食べ?にやってきます。
     人通りの多い所ですが,この実を目当てにちょくちょく現れます。
     「エゾビタキ」も数羽確認できましたが,撮影できたのは一瞬でした。
     「ホオジロ」の幼鳥が「シジュウカラ」に紛れていました。
     今日は珍しく「エナガ」の観察ができませんでした。
     台風の影響で元荒川は増水し「サギ」は散らばっていました。
     「カワセミ」は水面すれすれを飛んでいました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,キジバト,アオサギ,ダイサギ,コサギ,カワセミ,コゲラ,
     モズ,カケス,ハシボソガラス,ハシブトガラス,ヤマガラ,
     シジュウカラ,ヒヨドリ,ムクドリ,エゾビタキ,スズメ,ハクセキレイ,
     セグロセキレイ,ホオジロの20種類

         
      ← ヤマガラ →  エゾビタキ  ←ホオジロ→  コサギ

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2022年9月23日 9:00~11:00 天気:曇り)
     雨が降ってきたら帰ろうと思っていましたが意外ともちました。
     「チョウゲンボウ」は下に降りていたのですが,カメラを向けると
    飛ばれてしまいました。遥か遠くに「サシバ」です。
     「ムクドリ」と「コムクドリ」の集団が飛び交っていました。
     田圃は「タシギ」が多かったです。「タシギ」の集団が来るのは例年
    よりは1か月位遅いようです。
     どこからか「アオアシシギ?」らしい声が聞こえてきますが,姿が
    見つかりません。と,曇り空の中上空を飛ぶ「シギ」の群れです。
     慌てて撮影しましたが後ろ姿で写真から識別はできません。残念。
     その後頑張って周辺を探し歩きましたが見つけられませんでした。

    観察できた野鳥
     カルガモ,コガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,アオサギ,
     ダイサギ,チュウサギ,タシギ,アオアシシギ?,サシバ,
     カワセミ,チョウゲンボウ,モズ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,
     シジュウカラ,ツバメ,ヒバリ,ヒヨドリ,セッカ,ムクドリ,コムクドリ
    ,スズメ,ハクセキレイ,セグロセキレイの26種類

        
     サシバ   コムクドリ  タシギ   アオアシシギ?   セッカ

   ●さいたま市:岩槻城址公園(2022年9月22日 8:45~11:00 天気:曇り)
     雲は多かったですが,たまに青空も広がり昨日より良かったです。
     昨日はダメだった「トケン」と「エゾビタキ」に出会えました。
     「トケン」は虹彩の赤いのが分かるので「ツツドリ(♀)」かな?。
     下尾筒を確認しようと動いたら飛ばれてしまいました。残念。
     飛んで行った方向に探しに行くと「ツミ」が飛び出してきました。
     先日も我が家の上空を飛ぶのを観察しましたが近くにいるのかな。
     一回りして,戻ってみると「エゾビタキ」がいました。
     こちらも,直ぐに飛ばれてしまい行方が分からなくなりました。
     「ツツドリ」と「エゾビタキ」は今季初確認できて良かったです。
     今日も「キビタキ」は声だけで姿は見つけられませんでした。
     どれも,はっきりしない画像でごめんなさい。次回に期待しましょう。

    観察できた野鳥
     カルガモ,キジバト,カワウ,アオサギ,ダイサギ,ツツドリ?,ツミ,
     カワセミ,コゲラ,モズ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,
     シジュウカラ,ヒヨドリ,メジロ,ムクドリ,エゾビタキ,キビタキ,
     スズメ,ハクセキレイ,セグロセキレイの21種類

        
      ツツドリ  エゾビタキ   ツミ    カワセミ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2022年9月21日 9:00~11:00 天気:曇り)
     どうもすっきりとした秋晴れになりませんね。
     昨日は,途中で土砂降りになり慌てて退散しました。
     今日は,帰る頃には少し青空が広がってきました。
     いろいろと期待して出掛けたのですが.....?
     「ヒタキ」,「トケン」はダメで,今年は「カケス」も遅いようです。
     これからに期待しましょうか?。
     「シジュウカラ。エナガ,コゲラ」の大集団です。
     「エゾビタキ」らしき個体もいましたが未確認でした。
     遥か遠くに猛禽です。「オオタカ」は後ろ姿で,「トビ」と「ノスリ」は
    カラスに追われながら飛んでいました。
     「ムクドリ。コムクドリ」は大集団で飛んでいましたが遠かったです。
     「コムクドリ」はそろそろ帰るl頃で,今季の見納めが近いかな。

    観察できた野鳥
     カルガモ,キジバト,カワウ,アオサギ,ダイサギ,トビ,オオタカ,
     ノスリ,カワセミ,コゲラ,モズ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,
     シジュウカラ,ヒヨドリ,エナガ,ムクドリ,コムクドリ,スズメ,
     ハクセキレイ,セグロセキレイの21種類

         
     オオタカ  トビ  ノスリ コムクドリ   コゲラ  エナガ

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2022年9月17日 9:00~11:00 天気:薄曇り)
     昨日岩槻城址公園で「キビタキ」の声を聞き,今日は”Kさん”から
    「エゾビタキ」の情報をもらいました。いよいよもって楽しみですね。
     訳あってちょっと敬遠していましたが,久し振りの「タマシギ」です。
     少し離れた場所で観察できました。良かった良かった。
     「ジシギ」も数羽観察できましたが識別が難しいですね。
     「タシギ」は何となく分かる気がしますが,悩む個体も多いです。
     特徴がはっきりしないと「タシギ」だと断定できる確信はありません。
     「トビ」がカラスを気にしながら何かを食べていました。
     曼殊沙華が満開になっていました。秋ですね。
     その周りを「アゲハ」が行ったり来たりしていました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,コガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,アオサギ,ダイサギ
    ,チュウサギ,チュウジシギ?,タシギ,タマシギ,トビ,モズ,オナガ,
     ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒヨドリ,オオヨシキリ
    ,セッカ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,セグロセキレイの23種類

         
    ←タマシギ→  チュウジシギ?  タシギ    トビ    アゲハ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2022年9月15日 9:00~11:00 天気:曇り)
     来ました,来ました「ヒタキ」の到着です。
     「キビタキ」のような気がしますが,確信はありません。
     言い訳になりますが,「シジュウカラ,エナガ,コゲラ」の混群に紛れ
    て姿を追い切れずに見失ってしまいました。うーん残念。
     でも会えたことで良しとしましょう。
     トケン(カッコウの仲間)に会うことはできましたが,飛んでいる姿で
    止まっている所は分かりませんでした。
     今年はどうも止まっている姿の観察ができず識別ができませんね。
     辛抱強く観察を続けましょう。
     「ムクドリとコムクドリ」大集団(200羽位)が飛んできました。
     樹木の中に入ってしまうと姿が見つけられません。
     ということで電線に止まっている所でごめんなさい。
     12日にはここで今冬初めて「ノスリ」を観察しました。
     竜舌蘭(リュウゼツラン)は実を付けていました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,アオサギ,ダイサギ,
     カッコウの仲間,イソシギ,カワセミ,コゲラ,モズ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒヨドリ,オオヨシキリ,ムクドリ,
     コムクドリ,ヒタキの仲間,スズメ,ハクセキレイ,セグロセキレイ,
     ガビチョウの23種類

        
    ヒタキの仲間 カッコウの仲間 コムクドリ  エナガ   リュウゼツラン

   〇おまけ(2022年9月14日)
    (1)夕方に塒に戻る「サギの群れ」が自宅の上空を通過していきます。
      この時,反対方向から「カラス」が塒に戻るように飛んできます。
      日没近くですが,白黒が交差する光景は見ごたえがありますよ。

       
         ← 塒に戻るサギの群れ →

    (2)この時期の「ジシギ」の識別は尾羽が見られないとダメで,いくつか
     のポイントから推察すことになります。
     注意深い観察が求められてとても面白いです。
     今日は「タシギ?」と思われる三個体ですがどうでしょうか?。

       
          ←   タシギ   →

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2022年9月11日 9:00~11:00 天気:晴れ)
     「ジシギ」をメインに探しに出掛けて来ました。
     何とか三種類を観察できたのではないかと思っていますが?。
     「オオジシギ?,チュウジシギ?,タシギ」ですが,どうでしょうかね。
     間違っていたらごめんなさい。
     この時,「ヒクイナ」が畔を早足で横切って行きました。
     慌てて撮影しましたが,証拠写真にもならないかな?。
     「サシバ」がカラスに追われて飛び出してきました。
     「セッカ」が巣材らしきものを咥えて止まりましたが,これから子育て
    するのでしょうか?。慌ててその場を離れましたが.....?。
     薄っすらと亜麻色が残っている「アマサギ」です。
     「チュウサギ」がドジョウ?を捕まえて食べていました。
     早くも沼には「コガモ」が到着していました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,コガモ,カイツブリ,キジバト,アマサギ,アオサギ,
     ダイサギ,チュウサギ,ヒクイナ,オオジシギ?,チュウジシギ?,
     タシギ,イソシギ,トビ,サシバ,コゲラ,モズ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,メジロ,セッカ,
     ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,セグロセキレイの28種類

       
    オオジシギ? チュウジシギ? タシギ    ← サシバ →

        
    ヒクイナ   セッカ   アマサギ   チュウサギ  コガモ

   〇おまけ(2022年9月10日)
     今晩は中秋の名月だそうですので,自宅でお月見をしました。
     お月様だけで味も素っ気もありませんがご覧ください。

          

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2022年9月10日 8:45~11:00 天気:晴れ)
     トケン(カッコウの仲間)に会いたくて出掛けたのですが,ダメでした。
     一瞬飛んだのが怪しかったですが,未確認です。
     「シジュウカラ,エナガ,コゲラ」の大混群です。
     奥から「キビタキ」らしい声が聞こえましたが,こちらも未確認です。
     どちらも残念でした。次回に期待しましょう。
     「コムクドリ」の小集団が飛び回っていました。
     元荒川の堰が開き,川の水量が少なくなってきました。
     「カルガモ」や「サギ」等が多く集まっていました。
     「イソシギ」の姿も目に付くようになりました。
     「モズ」の高鳴きも始まりました。
     久し振りの青空で歩いていてとても気持ちが良かったです。
     綺麗な個体の「ゴマダラチョウ」にも会えました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,キジバト,カワウ,ゴイサイ,アオサギ,ダイサギ,コサギ,
     ヒクイナ,イソソギ,カワセミ,コゲラ,モズ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,エナガ,ムクドリ,
     コムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,セグロセキレイの22種類

         
    コムクドリ  イソシギ   エナガ          ゴマダラチョウ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2022年9月6日 8:45~11:00 天気:晴れ)
     トケン(カッコウの仲間)だと気が付くのが遅かったです。
     直ぐに奥の林の方に飛んで行ってしまいました。今季初観察です。
     何とか後ろ姿の撮影はできましたが,証拠写真になったかな?。
     写真は撮れませんでしたが「ウグイス」は戻ってきて,「メゾロ」の声も
    聞こえるようになってきました。
     「カワセミ」は子育てが終わったようで,良く姿を見せてくれます。
     「カワラヒワ」は入替時期に入ったか,数はめっきり少なくなりました。
     「ツバメ」も帰る時期がきたようで,数が少ないです。
     ”Kさん”から成長した「ヒクイナ」の子供の写真が送られてきましたが,
    私が観察できたのは一番遅い子供のようでした。
     比較すると赤味がまだまだ薄いように感じられました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,カイツブリ,キジバト,アオサギ,ダイサギ,ヒクイナ,
     カッコウの仲間,カワセミ,コゲラ,モズ,オナガ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,ウグイス,エナガ,
     メジロ,ムクドリ,コムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,セグロセキレイ,
     カワラヒワの25種類

         
     カッコウの仲間   ヒクイナ  ←カワセミ→  コムクドリ

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2022年9月1日 13:00~15:00 天気:薄曇り)
     今季初めて「サシバ」の観察ができました。
     全部で三羽観察できましたが,撮影できたのは若鳥の二個体でした。
     途中でお会いした”Sさん”によると昨日は七羽観察できたそうです。
     凄いですね,いよいよシーズン突入ですね。とても楽しみです。
     「タマシギ」の子供は順調に成長しているようです。
     その成長の度合いに差があるのも分かるよになってきていました。
     無事に成鳥になってくれることを願いましょう。
     遠くに「ジシギ」がいましたが,これは「タシギ?」だと思います。
     もう一か所に三羽まとまっていましが,さてこちらは何でしょうか?。
     すっかり亜麻色が抜けてしまった「アマサギ」です。

    観察できた野鳥
     キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,ゴイサギ,アマサギ,アオサギ,
     ダイサギ,チュウサギ,コサギ,ヒクイナ,ジシギ,タシギ,タマシギ,トビ
    ,サシバ,カワセミ,チョウゲンボウ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,
     シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,オオヨシキリ,セッカ,ムクドリ,スズメ,
     ハクセキレイ,セグロセキレイ,ホオジロの30種類

        
     ← サシバ →        ←  タマシギ  →

         
     タシギ    ジシギ   トビ  チョウゲンボウ  ゴイサギ アマサギ



                  戻 る