観察記録(主に野鳥)です。

  <<2022年8月のさいたま気ままなぶらぶら歩き>>

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2022年8月30日 8:45~11:00 天気:曇り)
     涼しくなり少しずつ動きが出てきたようです。
     今日は何と「サンコウチョウ」に出会えました。やったあー,ラッキー。
     「シジュウカラ,エナガ」の大混群の中に「ムシクイ」がいるのが分かり,
    それを追いかけていて気が付きました。目がとても綺麗でした。
     その後は何とか証拠写真が撮りたいと「ムシクイ」を忘れて,夢中に
    なってしまいました。この時夢中になりすぎ他の方にぶつかってしまい
    ました。いけませんね,観察している野鳥に笑われてしまいますね。
     野鳥は静かにゆったりと観察してこそその素晴らしが味わえるのに,
    反省しましょう。ボケボケですが何とか証拠写真になったかな?。
     今後は十分に周りに気を付けて観察・撮影をしましょう。
     ひょっこりと「カワセミ」が止まってくれました。
     「スズメ」はショウリョウバッタを捕まえていました。
     「モズ」は19日に観察したのと同じ個体かな?。

    観察できた野鳥
     カルガモ,カイツブリ,キジバト,ダイサギ,ヒクイナ,フクロウ,
     カワセミ,コゲラ,サンコウチョウ,モズ,オナガ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,エナガ,ムシクイ,
     オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロ
     の24種類

        
   サンコウチョウ カワセミ   スズメ    モズ    エナガ

   〇おまけ(2022年8月29日)
     「ジシギ」の識別は難しいですね
     尾羽の枚数が決め手なのですが,なかなか見せてはくれません。
     その他の特徴から判断することになりますが確定ではありません。
     とは言え,いろいろと思案するのはそれなりに面白いですよ。
     嘴の長さ,側頭線,体の色合い,肩羽の模様,過眼線,顔の模様等
    から考えていると時間が経つのを忘れてしまいますね。

         
        オオジシギ?  チュウジシギ?  タシギ

   〇おまけ(2022年8月26日)
     「タマシギ」が地元で繁殖に成功したようです。
     かなり遠かったですが,雛を見守る親の観察ができました。
     どうやら,雛は4羽誕生したようです。

       
         ←   タマシギ   →

   〇おまけ(2022年8月25日)
     「ヒクイナ」がしっかりと成長していました。
     一番目が大きく,最後が少し遅れているかな?。
     嘴の色と額から頭頂にかけてと上面の赤味に差があると思います。
     二と三番目は同一個体で,もう飛び上がるのはできるようです。

     
      ←   -   ヒクイナ   -   →

   〇おまけ(2022年8月24日)
     岩槻城址公園の野球場で「セグロセキレイ」の家族を観察しました。
     成鳥の雌雄と若鳥を判別してみましたが,どうでしょうか?。
     若鳥は違う個体ですが,どちらも何かを捕まえて食べていました。

     
      ←  -  セグロセキレイ  -  →

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2022年8月21日 9:00~11:30 天気:曇り)
     こちらにもようやくきてくれて,「ジシギ」を4カ所で観察できました。
     どれも,「タシギ」ではないように思われますが?.....。
     三つは「チュウジシギ」でもう一つは「オオジシギ」かな?。
     「オオジシギ」は遠くて確信はありません。
     二個体は飛んだ時に翼後縁に白斑がないのと下肩羽の模様から
    「チュウジシギ」で良いのかなと思っていますが,どうでしょうか?。
     いよいよシーズン到来ですね,ワクワクします。
     「ハクセキレイ」が果敢にも「チョウゲンボウ」に向かっていきました。
     数分後には「チョウゲンボウ」が鳥?を掴んで飛んで行きました。
     「コムクドリ」が20~30羽位の二つの集団で行動していました。
     久し振りに30種類を超える野鳥の観察ができました。
     そうそう,ようやく”クマゼミ”の声を聞くことができました。
     地元での観察記録が継続できて良かったです。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,ゴイサギ,
     アマサギ,アオサギ,ダイサギ,チュウサギ,コサギ,チュウジシギ,
     イソシギ,トビ,チョウゲンボウ,モズ,ハシボソガラス,ハシブトガラス
    ,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,オオヨシキリ,セッカ,ムクドリ,
     コムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,セグロセキレイ,カワラヒワ,
     ホオジロの31種類

        
       ←  -  チュウジシギ  -  →     オオジシギ?

         
       ← コムクドリ →   チョウゲンンボウ   ホオジロ

   〇おまけ(2022年8月20日)
     昨日,遠くて分からず気になっていましたが,やはり「ムシクイ」で
    良かったみたいです。
     下嘴の色と頭央線から「センダイムシクイ」だと思います。

        
       センダイムシクイ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2022年8月19日 8:30~10:30 天気:晴れ)
     「イソシギ」と「クサシギ」が睨み合って?いました。
     もう少し近くで撮影したかったですが残念でした。
     「モズ」の幼鳥がいました。もう嘴の先が曲がっているのですね。
     ということは自分で餌が捕れて,幼鳥ではなく若鳥なのかな?。
     飛んでいる画像の羽が青味掛かるのはニコンの弱点ですね。
     画像処理して直しても良いのですが,いじるのは好みません。
     ところで,今年は”クマゼミ”の声を聞いていないのです。
     それと「ツクツクボウシとヒグラシ」の数が少ないように感じています,
     皆さんの所はいかがですか,全体的に数が少ないのかな?。
     「リュウゼツラン」の見納めが近づいてきました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,アオサギ,ダイサギ,
     クサシギ,イソシギ,モズ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,
     シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,エナガ,オオヨシキリ,ムクドリ,
     スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロ,ガビチョウの22種類

          
    イソシギとクサシギ  ← モズ →     ミンミンゼミ  リュウゼツラン

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2022年8月17日 8:30~10:00 天気:曇り)
     今日も晴れたり,曇ったり,雨という変なお天気でした
     最後は雨脚が強くなり引き上げました。
     久し振りに「タマシギ」の観察ができました。
     でも直ぐに隠れられてしまいました。
     この後,近くで「ヒクイナ」の声がしましたが姿はダメでした。
     ところが,沼の近くで何と「ヒクイナ」が姿をみせてくれました。
     慌ててカメラを向けましたが直ぐに葦原に引っ込んでしまいました。
     「タマシギ」,「ヒクイナ」共に何となく分かるかなといった画像で,
    ごめんなさい。
     ワンフレームに「ゴイサギ,アオサギ,ダイサギ,チュウサギ,コサギ」
    をおさめましたがちょっと分かり難いかも,ごめんなさい。
     鳥友から渡り鳥の情報がちらほらと入ってきましたので楽しみです。

    観察できた野鳥
     カルガモ,カイツブリ,ゴイサギ,アマサギ,アオサギ,ダイサギ,
     チュウサギ,コサギ,ヒクイナ,コチドリ,タマシギ,コゲラ,モズ,
     ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,
     ヒヨドリ,オオヨシキリ,セッカ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,
     カワラヒワ,ホオジロの26種類

         
     タマシギ  ヒクイナ   サギ  ヒバリ モズ  コチドリ

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2022年8月13日 8:30~10:00 天気:曇り)
     台風の影響で,晴れたり,曇ったり,雨という変なお天気でした。
     「サシバ」に会えないかと期待したのですがダメでした。
     いつものお気に入りの鉄塔に「オオタカ」がいました。
     「チョウゲンボウ」も建物のダクトの上に止まっていました。
     「チュウサギ」がカエル?を捕まえてあっという間に飲み込みました。
     いやあー,早かった。
     水田の稲のない場所で「コチドリ」が声を出して警戒していました。
     電線に一羽だけ「コムクドリ」が止まっていました。
     近くに群れがいたかも?,ちょっと分かりませんでした。
     不明な虫がいました。翅のないコオロギの仲間のようですが.....?。
     どなたか,ご存じでしたら教えてください。
     →”Hさん”からアオマツムシの幼虫だと教えてもらいました(8/17)

    観察できた野鳥
     カルガモ,カイツブリ,キジバト,ゴイサギ,アマサギ,アオサギ,
     ダイサギ,チュウサギ,コサギ,コチドリ,オオタカ,チョウゲンボウ,
     ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,
     ヒヨドリ,メジロ,オオヨシキリ,セッカ,ムクドリ,コムクドリ,2スズメ,
     ハクセキレイ,カワラヒワの26種類

        
    チュウサギ  オオタカ   コチドリ   コムクドリ  アオマツムシの幼虫

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2022年8月11日 8:30~10:00 天気:晴れ)
     「ヒクイナ」の雛をしっかりと観察できました。やったあー,ラッキー。
     最初に気が付いたのは7/末でしたが,草叢に隠れるように行動して
    いて証拠写真も撮れず,ようやく今日撮影もできて嬉しかったです。
     でも,ここで疑問です。というのは最初に見た幼鳥と今日の個体は
    成長の度合いに差があり,今日の方が幼いのです。
     どうやら二家族のようで,それも地元での繁殖で嬉しさ倍増です。
     全ての個体が無事成鳥になれるように願いましょう。
     久し振りに「ガビチョウ」がやってきて賑やかです。

    観察できた野鳥
     カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,アオサギ,ダイサギ,ヒクイナ,
     カワセミ,コゲラ,モズ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,
     ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ,エナガ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,
     カワラヒワ,ホオジロ,ガビチョウ23種類

       
      ←   ヒクイナ   →     エナガ   ガビチョウ

   〇おまけ(2022年8月8日)
     7/16以来,ようやく次の「ジシギ」が来てくれました。
     側頭線や頬の褐色部から「オオジシギ?」かなと思っていますが,
    違うかな,どうでしょうか?。
     ここ,2,3日の間で撮影した画像もご覧ください。

        
    オオジシギ? イソシギ   ゴイサギ  コムクドリ  ハシブトガラス

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2022年8月5日 8:30~10:30 天気:薄曇り)
     今年は「シギ・チ」と思うように出会えません。
     ”Tさん”ご夫妻とお会いし,暫し一緒に観察しましたが,うーん.....。
     お別れした後に「タマシギ」の声が聞こえてきましたが姿はダメでした。
     見つかったのは,少し離れた場所の「イソシギ」2羽でした。
     「アマサギ」の亜麻色は日に日に薄くなっていくようですね。
     「カイツブリ」の雛2羽を確認できました。今年も繁殖したようです。
     また,「モズ」の幼鳥も観察できました。
     「オオタカ」が樹上に悠然と止まっていました。格好いいー!!。
     「チョウゲンボウ」が「ハシボソガラス?」と争っていました。
     いやー,迫力がありました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,カイツブリ,キジバト,アマサギ,アオサギ,ダイサギ,
     チュウサギ,コサギ,イソシギ,タマシギ,オオタカ,チョウゲンボウ,
     モズ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,
     ヒヨドリ,メジロ,オオヨシキリ。セッカ,ムクドリ,スズメ,
     ハクセキレイ,セグロセキレイ,カワラヒワ,ホオジロの28種類

        
    チョウゲンボウ   オオタカ   モズ   カイツブリ  アマサギ

   〇おまけ(2022年8月4日)
     今まで全く気が付かず,いつもジョギングに来られる方に教えてもらい
    ました。岩槻文化公園で”リュウゼツラン”が咲いていたのです。
     陸上競技場の施設脇でびっくりでした。
     この施設ができて40年位だと思いますので,見守ってくれたスタッフの
    皆様ありがとうございます。

         
     ← リュウゼツラン →     コムクドリ



                  戻 る