観察記録(主に野鳥)です。

  <<2018年7月のさいたま気ままなぶらぶら歩き>>

   ●川越市:伊佐沼(2018年7月22日 6:00~7:30 天気:晴れ)
     いやあー,暑い日が続きますね。暫く辛抱が必要です。
     「アジサシの仲間」が観察できたのですが,タイミングが悪かったです。
     対岸を2羽で飛んでいました。前を飛ん行く個体を追い立てているよう
    に見えました。後ろの個体の嘴は黄色でしたが,前は黒く見えました。
     近くに来てくれず,直ぐに飛び去って行ってしまいましたので,写真は
    撮れませんでした。あーあ残念。一羽は「コアジサシ」で,もう一羽は,
    大きさなどから「クロハラアジサシ」かなと思っていますがどうでしょうか。
     「サギ」が多くいましたが,殆どは「チュウサギとダイサギ」でした。
     「アオサギ」が3,4羽と「アマサギ」が1羽混ざっていました。
     少し離れた所で,「カワセミ」が飛んでいました。
     「コサギとキジ」は帰る途中に遇いました。

    観察できた野鳥
     キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,アマサギ,アオサギ,
     ダイサギ,チュウサギ,コサギ,コアジサシ,クロハラアジサシ?,
     カワセミ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ,
     オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワの22種類

        
       ← カワセミ →      アマサギ    コサギ     キジ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2018年7月18日 6:00~7:30 天気:晴れ)
     今日も,早朝散歩をしてきました。
     「オオタカ」の声が聞こえてきますが姿は見つけられません。
     諦めてその場を離れ,暫く行くと,鉄塔の天辺に猛禽のようです。
     ちょっと近づいてみると,成鳥の「オオタカ」でした。いつもこの場所に
    は,「カラス」が集まっていますが,さすがに今日はいませんでした。
     いつも出遭える「エナガ」が,いなかったのは残念でしたが,久し振り
    に「カワセミ」の写真が撮れました。
     朝から暑いせいか,野鳥よりも,元気な昆虫が目につきました。
     「オニヤンマ」,「オオミズアオ」は,存在感がありますね。
     日に日に「ミンミンゼミ」の声が大ききなってきています。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,ゴイサギ,
     アオサギ,ダイサギ,オオタカ,カワセミ,コゲラ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,オオヨシキリ,ムクドリ,
     スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロの23種類

         
    オオタカ   カワセミ   ホオジロ   オニヤンマ  オオミズアオ  カブトムシ

   ○おまけ(2018年7月17日)
     6月の初め頃に,「ツミ」が営巣しているのに気が付きました。
     その後,刺激しないように,そおっと見守ってきました。
     ここの所の暑さで,ちょっと時間をあけてしまいましら,一番子は
    無事に巣立っていました。やったあー,良かったあー。
     やっと,二番子も確認でき,こちらも大きくなってきていました。
     三番子は確認できないので2羽なのでしょう。
     自宅近くで観察できたことに感謝です。

     
      ← 一番子のヒナ →     ←巣立ったヒナ→      二番子

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2018年7月14日 6:00~8:00 天気:晴れ)
     暑すぎて目がさめてしまい,それならと早朝観察をしてきました。
     夏は野鳥の活動も早いようで,それなりに楽しむ事ができました。
     少し控えめな「ウグイス」の声は,早朝にぴったりで,良いですね。
     「セッカ」の声も良く聞こえ,今年も健在と分かり,ひと安心です。
     「サギ」の一群の中に,おやっと思う個体がいました。亜麻色はない
    のですが,大きさや嘴の色から「アマサギ」と判断しました。
     その中には「コサギ」もいて,サギ類の6種類が観察できました。
     「ホオジロ」の幼鳥は,元気に動き回っていました。
     何とか,「ウグイス」の幼鳥を思っていますが,難しいですね。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,ゴイサギ,
     アマサギ,アオサギ,ダイサギ,チュウサギ,コサギ,コチドリ,
     カワセミ,コゲラ,チョウゲンボウ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,
     シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,ウグイス,メジロ,オオヨシキリ,セッカ,
     ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,ホオジロの28種類

        
     アマサギ     コサギ    ホオジロ    コチドリ群  チョウゲンボウ

   ●さいたま市:岩槻文化公園とその近辺
                      (2018年7月12日 9:00~11:30 天気:曇り)

     今日は曇り空でしたので,元荒川を挟んだ反対側(岩槻区長宮地区)
    の田圃を散策した後,岩槻文化公園に向かいました。
     いました,いました,やはり「コムクドリ」です。まだ数は少ないですが
    これから多くなるかな?,すこし,野鳥に動きが出てきたようですね?。
     偶然,「コムクドリ」と「ホオジロ」の2ショットが撮れました。
     今季初めて,「セッカ」が止まっている写真が撮れました。
     「オオヨシキリ」も葦原を離れて,餌を捕らえていました。一瞬で早い。
     「コアジサシ」や,「コチドリ」は,まだまだ飛んでいました。
     「ハクセキレイ」の幼鳥が親に餌をねだっていました。
     元荒川の「オオバン」は越夏しているようです。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,ゴイサギ,
     アオサギ,ダイサギ,チュウサギ,オオバン,コチドリ,コアジサシ,
     オオタカ,カワセミ,コゲラ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,
     シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ,エナガ,オオヨシキリ,セッカ,
     ムクドリ,コムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロの
     31種類

         
     コムクドリ  セッカ   オオヨシキリ     コチドリ  コアジサシ ハクセキレイ

   ○おまけ(2018年7月11日)
     「コムクドリ」の情報が,ちらほらと入りだしました。
     私も,一昨日それらしい個体(3羽)を見ましたが,未確認です。
     久し振りに,「ゴマダラチョウ」が観察できましたので,ご覧ください。
     最近は,「アカボシゴマダラ」の方が多く,「ゴマダラチョウ」は,とても
    少なくなってきているように感じていて,ちょっと心配です。
     「カマキリ」の食欲には脱帽です。

        
     ゴマダラチョウ  アカボシゴマダラ   アオヤンマ    アジアイトトンボ   カマキリ

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2018年7月8日 9:00~11:00 天気:薄曇り)
     こちらも,「シラコバト」の調査を兼ねて出かけてきましたが,ここも
    今年になってからは観察できていません。元荒川の護岸工事が行われ
    環境が大きく変化してしましたので,どこかへ行ってしまったのかなあ。
     少し,田圃に「サギ」の姿が見られるようになって来ましたが,これらは
    ペアリングができなかった個体なのかな?。
     前回は,遠過ぎて諦めた「カイツブリの親子」ですが。今日は何とか
    証拠写真は撮れました。
     対岸を,「オオヨシキリ」の幼鳥が飛び回っていました。
     「ウグイス」は,声を頼りに姿を見つけることができました。
     近くで聞くと長閑な感じとは違っていますね,遠くから聞こえてくるのが
    良いなあーと思いました。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,ゴイサギ,
     アオサギ,ダイサギ,チュウサギ,コサギ,カワセミ,コゲラ,
     ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,
     ウグイス,オオヨシキリ,セッカ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,
     カワラヒワ,ホオジロの26種類

         
       ← ウグイス →     ←オオヨシキリ→   カイツブリ コジュケイ

   ●さいたま市:岩槻城址公園周辺
                      (2018年7月7日 14:00~13:00 天気:曇り)

     午前中は,トラスト7号地のボランティア活動日なので,そのお手伝い
    をしてきました。蒸し暑く,ちょっと動くだけでも汗が噴出してきました。
     でも,そこで嬉しい発見がありました。それは,何と,人工的に作った
    池で,「ヤブヤンマ」が産卵していました。これを継続できるように,環境
    を維持したいです。またこの池は野鳥他の水飲み場にもなっています。
     午後は,短い時間でしたが城址公園の周りを,一回りしてきました。
     「シラコバト」の調査を依頼されているのですが,今年になってからは
    姿が見られずとても心配です。環境が大きく変わってしまったので...?。
     「ツミ」が樹上にゆったりと止まっていました。雄は格好良いですね。

    観察できた野鳥
     カイツブリ,キジバト,アオサギ,ダイサギ,ツミ,オナガ,
     ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,
     オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,カワラヒワの14種類

         
          ←       ツミ       →         ヤブヤンマ

   ●日光市:戦場ヶ原周辺(2018年7月3日 7:45~11:15 天気:晴れ)
     余りに暑いので逃げ出して,日光まで出掛けてきました。
     赤沼から湯滝入口までの戦場ヶ原の遊歩道をのんびりと散策して
    きました。
     やはりここまでくると違いますねえー,野鳥の声が溢れていました。
     葉も茂ってしまい,姿を見つけるのはちょっと大変でしたが.....。
     散策中,「カッコウ」と「ホトトギス」の声はずうっとしていました。
     「ビンズイ」が横枝を歩く,芸?をみせてくれました。
     「ニュウナイスズメ」は大家族で行動していました。
     「ノビタキ」,「ホオアカ」,「アオジ」は遠かったです。
     「キビタキ」は,数回,観察できましたが「オオルリ」は声だけでした。
     「ミソサザイ」は,声は良く聞こえるのですが,姿はちらっとでした。
     「オオルリやミソサザイ」の声のする方を探していると,「ゴジュウカラ」
    が視野に入ってきました。
     「オシドリ」と「カルガモ」が親子で行動していました。
     「オシドリ」の幼鳥は初観察で,とても可愛かったです。
     今日の戦場ヶ原は「フタスジチョウ」だらけで,ありがたみが感じられ
    ませんでした。数が多いのも.....?,でも最後に「ミスジチョウ」を発見し
    初観察でしたので,とても嬉しかったです。
     
    観察できた野鳥
     オシドリ,カルガモ,キジバト,ホトトギス,カッコウ,トビ,コゲラ,
     オオアカゲラ,アカゲラ,カラス(ホソ,ブト未確認),ヤマガラ,
     シジュウカラ,ツバメ,イワツバメ,ヒヨドリ,ウグイス,センダイムシクイ
    ,ゴジュウカラ,ミソサザイ,ムクドリ,コムクドリ,アカハラ,ノビタキ,
     コサメビタキ,キビタキ,オオルリ,ニュウナイスズメ,スズメ,
     キセキレイ,ビンズイ,カワラヒワ,ホオジロ,ホオアカ,アオジ
     の33種類

        
     カッコウ     キビタキ   コサメビタキ   ノビタキ   オオアカゲラ

        
     ミソサザイ    ←ニュウナイスズメ→   ゴジュウカラ   ビンズイ

           
        オシドリ    カルガモ      フタスジチョウ   ミスジチョウ

   ○おまけ(2018年7月1日)
     梅雨が明け,暑い日が続きますね。今年は長い夏になりそうで,
    ちょっと憂鬱ですが,皆さんはいかがですか。
     地元では,この時期野鳥が少なく,暫し我慢です。
     散歩していても,眼が他に向かってしまいますが,それはそれで
    とても面白く,奥が深いですよー。
     取っ組み合う「カナヘビ」,小さくても肉食の「エリザハンミョウ」,
    この時期,地元では良く見られ「ノカンゾウ」です。

        
     カナヘビ    エリザハンミョウ  アオスジアゲハ    ウチワヤンマ    ノカンゾウ



                    戻 る