観察記録(主に野鳥)です。

  <<2019年6月のさいたま気ままなぶらぶら歩き>>

   ●加須市:渡良瀬遊水池(2019年6月14日 8:30~11:30 天気:晴れ)
     今日は,ポイントを3箇所に絞って散策してきました。
     お目当ての「カッコウ」と「ホトトギス」は観察できました。
     残念ながら写真は撮れませんでした。声は十分に堪能できました。
     あるポイントでは,「ヒバリ」,「コヨシキリ」,「オオヨシキリ」,「セッカ」,
    「オオセッカ」,「ホオジロ」,「ウグイス」の大合唱でした。
     その声に混ざって,遠くから「カッコウ」,「ホトトギス」の声が聞こえて
    きます。長閑で,何か,ゆったりした気持ちになり,嬉しかったです。
     「コウノトリ」は巣作りをしていました。もう一羽が飛んで来てくれない
    かなあーと,只々願うばかりです。
     「ササゴイ」は,気が付くのが遅く,後姿になってしまいました。
     遥か遠くに「アジサシ類」が止まっていましたが,識別はできません
    でした。自宅で画像を解析しても,「アジサシ」のようでもあり,
    「コアジサシ」のようでもあり,判りませんでした。

    観察できた野鳥
     キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,コウノトリ,カワウ,ゴイサギ,
     ササゴイ,アオサギ,ダイサギ,チュウサギ,コサギ,ホトトギス,
     カッコウ,アジサシの仲間,トビ,コゲラ,モズ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ,ウグイス,
     オオセッカ,オオヨシキリ,コヨシキリ,セッカ,ムクドリ,スズメ,
     カワラヒワ,ホオジロの33種類

       
          ←  オオセッカ   →          ←  コヨシキリ  → 

       
     コウノトリ    ササゴイ     ヒバリ      ← オオヨシキリ →

   ○おまけ(2019年6月13日)
     地元で,約1年振りに「シラコバト」の観察ができました。
     昨年の8月以来姿が見られず,とても気になっていました。
     周りの環境が変わり,どこかへ行ってしまったかと思っていました。
     岩槻では,ここだけとなってしまったので,大変嬉しいです。
     観察場所は,岩槻城址公園の近くです。
     昨日,今年初めて「ミドリシジミ」の観察ができました。
     また,「モンスズメバチ」が「ゴマダラチョウ」を捕獲し,翅を取り体だけを
    どこか(多分,巣)に運んで行きました。どちらも,岩槻文化公園です。
     自宅の敷地内で,「カナヘビ」の面白い姿を,初めて観察しました。

         
      ←シラコバト→      ミドリシジミ    モンスズメバチ    カナヘビ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2019年6月11日 9:00~11:30 天気:晴れ)
     「カラス」が何か変だなと思っていると,林の中から,急に「オオタカ」が
    飛び出してきました。真っ直ぐに東の方向に飛んで行きました。
     ちょっと遠かったかなと画像を確認していると,今度は「チョウゲンボウ」
    が急降下し,「ムクド(多分)」を捕まえて,飛び去って行きました。
     こちらも,慌てて撮影しましたが,フォーカスが甘く残念でした。
     どちらも,どこかで子育て中なのでしょう,大急ぎで飛んで行きました。
     小鳥達(エナガ,スズメ,シジュウカラ等)は,幼鳥の姿が目立ちます。
     可愛いですね,その中で茶髪の「シジュウカラ(幼鳥)」を初めて観察し
    ビックリ仰天です。ちょっと調べてみましたが分かりませんした。
     一生懸命に毛繕いをしている「コゲラ」がいました。頭部の赤い部分が
    はっきりと分かり,ちょっと嬉しかったです。
     今年は,蝶々の「テングチョウ」が,大量発生していると話題になって
    いるようですが,我が地元でも,その傾向が強いようです。

    観察できた野鳥
     カルガモ,キジバト,オオタカ,コゲラ,チョウゲンボウ,ハシボソガラス
    ,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ,エナガ,メジロ,
     ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロ,ガビチョウ
     の19種類

          
      オオタカ   ←チョウゲンボウ→  シジュウカラ  コゲラ    テングチョウ

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2019年6月7日 9:00~10:30 天気:曇り)
     久し振りに,「カワセミ」の写真が撮れました。小雨がぱらつき,人
    がいないせいか,のんびりとしているようにみえました。
     「ウグイス」と「オオヨシキリ」の声が良く聞こえていました。
     「ホオジロ」と「スズメ」が諍いをしていました。
     小雨が少し強くなッた時に,「コアジサシ」の出現です。
     何回か餌獲りに挑戦し,なんとか捕まえ,魚を銜えて猛スピードで
    飛んで行きました。早すぎて,フォーカスが間に合わず,ピンボケと
    なってしまいました。残念。
     また,「チョウゲンボウ」が獲物を足で掴んで,飛んで行く姿が観察
    できましたが,撮影のチャンスを逃しました。これまた,残念。

    観察できた野鳥
     キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,ダイサギ,オオバン,
     コアジサシ,カワセミ,チョウゲンボウ,モズ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,ウグイス,
     オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロ
     の23種類

        
      カワセミ     ←  コアジサシ  →     オオヨシキリ ホオジロ

   ○おまけ(2019年6月5日)
     この時期としては,大変,嬉しい出遭いがありました。
     6月に,地元で「キビタキ」の雄を観察したのは,初めてです。
     多分,通過だと思いますが,かなり遅いのではないでしょうか。
     地元で営巣してくれたらと願い,近くに雌がいないか探しましたが
    分かりませんでした。観察場所は,岩槻文化公園です。

          
        ←  キビタキ  →        ホオジロ        コゲラ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2019年6月4日 9:00~11:00 天気:晴れ)
     あれっ「サシバ」の声?,と急いで探すと,間違いなく「サシバ」です。
     近くの林にいて,飛び出してきたようです。羽がぼろぼろで,とても
    痛々しく感じました。こんなんで飛んでいけるか心配しましたが,上昇
    気流をしっかりとつかまえて,声を出しながら,ゆっくりと上昇していき
    ました。上空高く,小さく見える位になると,もう一羽(多分サシバ)が
    現れて一緒に飛んで行きました。ペアーなのかなあー。
     久し振りに,「サシバ」の声を聞けて,とても嬉しかったです。
     強くなく,優しい”ピッ,クイー”でしたので,和ませてもらいました。
     「シジュウカラ」の幼鳥が大物?を捕まえて,大変満足そうでした。
     「ヒオドシチョウ」に遇えましたが,裏面しか見られず残念でした。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,ダイサギ,
     サシバ,コゲラ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,
     ツバメ,ヒヨドリ,エナガ,メジロ,オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,
     カワラヒワ,ホオジロ,ガビチョウの23種類

         
      ← サシバ →        ← シジュウカラ →    ヒオドシチョウ

   ●川越市:伊佐沼周辺(2019年6月3日 9:30~11:00 天気:晴れ)
     地元の野鳥が少なくなり,外に出掛けることが多くなりました。
     かなり遠かったですが,今夏初めて「ヨシゴイ」の観察ができました。
     茶色の個体が,葦の上を低く飛んで行きます。あっ「ヨシゴイ」だと
    慌ててカメラを向け,どうにか証拠写真が撮れました。やったあー。
     数羽(5,6羽)の「コアジサシ」が,求愛行動をしていました。
     うまくペアになれると良いですね。
     頭の上から,「オオヨシキリ」の大きな声が聞こえていました。
     「カイツブリ」が何かを捕まえて食べていました。
     「シジュウカラ」が家族で行動していましたが,親が心配そうに付き
    添っていました。あまり離れないで,と言っているような感じでした。

    観察できた野鳥
     カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,アオサギ,ダイサギ,バン,
     コアジサシ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,
     ツバメ,ヒヨドリ,オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,
     カワラヒワの19種類

        
       ←  ヨシゴイ  →    コアジサシ  オオヨシキリ   カイツブリ



                    戻 る