観察記録(主に野鳥)です。

  <<2018年6月のさいたま気ままなぶらぶら歩き>>

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2018年6月27日 9:15~11:15 天気:薄曇り)
     ようやく,ここで「セッカ」の姿を見る事ができました。
     もうダメかと思っていましたが,何とか,今年も繋ぐことができました。
     短い時間しか観察できず,証拠写真を撮ることはできませんでした。
     ということで,今後,ここで継続して観察できるかとても不安です。    
     「チョウゲンボウ」が,強風の中,電柱に止まっていました。
     その近くには,「コチドリ」が10羽位,家族?でまとまっていました。
     画像の中の飛んでいる個体は幼鳥です。
     「カイツブリ」も家族で行動をしていましたが,遠すぎました。
     昨日,野鳥ではありませんが,とても嬉しい出逢いがありました
     それは,「ミヤマカラスアゲハ」で,地元での観察は2回目です。
     あまり良い条件で撮影はできませんでしたが,ご覧ください。

    観察できた野鳥
     キジ,カルガモ,カイツブリ,カワウ,キジバト,ゴイサギ,ダイサギ,
     チュウサギ,コチドリ,チョウゲンボウ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,
     シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ,ウグイス,オオヨシキリ,セッカ,
     ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,ホオジロの23種類
                                           6/26撮影
         
     チョウゲンボウ   コチドリ    ゴイサギ      キジ     ミヤマカラスアゲハ

   ●さいたま市:岩槻城址公園とその周辺
                      (2018年6月25日 9:00~11:00 天気:晴れ)

     前(6/7)に「ツミ(雄)」の姿を見た場所で,今日は雌を観察しました。
     一声鳴いて飛んできて樹上に止まってくれました。幸いにも見通しの
    良い場所でしたので,じっくりと観察することができました。
     羽を広げて,陽に当てているようにも見えましたが?,ゆったり寛いで
    いました。小さいですが顔立ちは精悍で,凛として格好良いですね。
     「シジュウカラ」は大家族で行動していました。
     「アオサギ」,「ダイサギ」の子育ては順調のようです。
     昨日,ちょっと悲しい出来事がありました。それは,埼玉県では準絶滅
    危惧種に指定されている「ナゴヤサナエ」が「アブ」の餌となってしまった
    ことです。目の前で起きて,ちょっとショックでした。でも皆生き抜くために
    必死なのでしょうねえー。「ナゴヤサナエ」も生きる為に別の昆虫を食して
    いくのでしょうから。

    観察できた野鳥
     カルガモ,キジバト,アオサギ,ダイサギ,ツミ,コゲラ,オナガ,
     ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,
     オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワの17種類

        
        ←  ツミ  →      シジュウカラ   コゲラ     アオサギ

    以下の画像は昨日(6/24)撮影しました。
        
      ← ナゴヤサナエ? →   ミズイロオナガ  不明なハチ?   カワウ

   ●川越市:伊佐沼周辺(2018年6月22日 9:15~10:30 天気:晴れ)
     梅雨の晴れ間,久し振りの青空で,ちょっと遠出をしてみました。
     去年ここで,「ヨシゴイ」を観察しましたので,今年もと期待して出掛け
    ましたが,いましたいました。やったあー,ラッキー!!。
     かなり遠かったですがしっかりと確認できました。
     「セイタカシギ」が直ぐ脇の水田で採餌をしていましたが,辺りを警戒し,
    落ち着かない様子で,何かに驚いて,いつもの杭に戻って行きました。
     「コアジサシ」が2羽いましたが,ペアなのでしょうか?。
     「ホシハジロ」がいましたが,今夏はもう帰らないのでしょうか?。
     独身貴族でエネルギーを使わずに,次の機会を待っているのかな?。
     ここも,定期的(1回/月)に観察をしていこうと思っています。

    観察できた野鳥
     カルガモ,ホシハジロ,カイツブリ,キジバト,カワウ,ヨシゴイ,ダイサギ
    ,コチドリ,セイタカシギ,コアジサシ,オナガ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ,オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ
    ,ハクセキレイ,カワラヒワの21種類

        
     ← ヨシゴイ →    ←セイタカシギ→   コアジサシ   ホシハジロ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2018年6月19日 9:00~11:00 天気:晴れ)
     「オオヨシキリ」が元荒川沿いから少し西側の葦原に入ってきました。
     子育てが終わる頃に,ここに入ってくることは,良くあります。
     この時期に,この場所に,入ってくるのは久し振りのことです。
     「エナガ」,「コゲラ」,「シジュウカラ」,「スズメ」他等小鳥達は,家族で
    行動していました。幼鳥達は元気に飛び回り,じっとしておらず,うまく,
    1フレームに収め切れません。うーん残念。
     「ホオジロ」が2羽で飛び交い,どうやら恋をしているようでした。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,カワセミ,
     ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,
     エナガ,オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,
     ホオジロの18種類

         
       オオヨシキリ    エナガ    シジュウカラ    ホオジロ

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2018年6月17日 9:00~11:30 天気:薄曇り)
     「カラス」の様子がおかしいと思っていると,やはり,「オオタカ」の出現
    です。しつこく付き纏う「カラス」に,3回,場所変えて飛んで行きました。
     お陰で,「オオタカ」のその精悍な姿を観察することができました。
     少し離れた場所で,今度は「チョウゲンボウ」です。それも3羽です。
     2羽はペアーのようで,もう1羽が近づくと猛然と追い払っていました。
     ちょっと,遠かったのが残念でした。
     一羽の「ムクドリ」がミミズを捕まえると,それを横取りしようとする個体
    がいました。捕られまいと必死に振り払って飛んで行き無事に逃げ仰せ
    て丸呑みしていました。仲間内でも,なかなか厳しいですね。
     昨日(6/16)は,トラスト7号地のボランティア活動日でした。
     そこで,「ナナフシ」を観察しましたので,併せてご覧ください。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,ゴイサギ,アオサギ,
     ダイサギ,チュウサギ,オオタカ,カワセミ,コゲラ,チョウゲンボウ,
     オナガ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,
     ヒヨドリ,ウグイス,オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,
     カワラヒワ,ホオジロの26種類
                                          16日に撮影
         
      オオタカ   チョウゲンボウ   ムクドリ    ゴイサギ    ナナフシ

   ○おまけ(2018年6月15日)
     観察しても良い場所から撮影した,子育て中の「サギ」です。
     「ゴイサギ」はちょっと怖い?かな(岩槻区と久喜市で撮影)。
     「コアジサシ」の営巣状況を確認しに出掛けた所,これまた観察しても
    良い場所だったのですが,何と足元に「コチドリ」の卵を見つけました。
     慌てて証拠写真を撮り,直ぐに,管理されている人(見守っている人)
    に連絡し対策をお願いしました。無事に子育てできると良いですね。
     ちょっと心配です。(春日部市で撮影)
     初めて,「ニホンミツバチ」の分蜂を見ました(久喜市で撮影)。凄い!
     「ケリ」と「アマサギ」は,昨日(14日)岩槻区内,その他は13日と14日
    に撮影しました。

       
      ゴイサギ   アオサギ    ダイサギ      ← チュウサギ →

           
      コチドリ     ニホンミツバチ        ケリ      アマサギ

   ●加須市:渡良瀬遊水池・他
                  (2018年6月13日 8:00~13:00 天気:曇り後晴れ)

     今日は,恒例の”Kさん”を中心とした観察会で,4月,5月が雨で中止
    となり3ヶ月ぶりです。用事があり早めに引き上げるため,観察ポイントを
    割愛し,4地点(通常は6地点)で観察してきました。
     先ずは,「シラコバト」のポイントからです。一羽のみ確認できました。
     「オオヨシキリ」,「コヨシキリ」,「セッカ」,「オオセッカ」が賑やかで,
    その間に「ウグイス」,遠くから「カッコウ」の声が聞こえてきます。
     そうこうしていると,「ヨシゴイ」,「ササゴイ」が飛び出してきてくれまし
    たが,あーーという間に,葦の中に消えてしまいました。
     「ヨシゴイ」は,今夏,初観察です。
     途中の田圃で見られた「アマサギ」や「ゴイサギ」を含めて,8種類の
    「サギ」が観察できました。何か「サギ」デーとなりました。
     今回は,何とか「トラフズク」の写真は撮れました。

    観察できた野鳥
     キジ,カルガモ,コガモ,カイツブリ,キジバト,シラコバト,カワウ,
     ヨシゴイ,ゴイサギ,ササゴイ,アマサギ,アオサギ,ダイサギ,
     チュウサギ,コサギ,(ホトトギス),カッコウ,(アマツバメ),
     コアジサシ,トビ,トラフズク,カワセミ,コゲラ,チョウゲンボウ,モズ,
     ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ
    ,ウグイス,オオセッカ,オオヨシキリ,コヨシキリ,セッカ,ムクドリ,
     スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロの41種類

        
     コヨシキリ   オオセッカ    ヨシゴイ    ササゴイ    トラフズク

   ○おまけ(2018年6月12日)
     今日は,岩槻文化公園で「ミドリシジミ」を探して来ました。
     2,3年前から少しずつ,数が復活しつつあるように感じています。
     運よく,開翅している姿を観察することができました。やったー。
     数頭いて目移りしてしまい,久し振りに嬉しい悲鳴です。
     2枚目の個体は雌と思ったのですが,雌のタイプに合致しないので
    雄かも?,撮影角度が悪く色が出なかっただけかもしれません。
     その他の蝶とトンボもご覧ください。

       
         ←   ミドリシジミ   →       ハグロトンボ  コオニヤンマ

        
     アカシジミ  ツバメシジミ   ベニシジミ   コムラサキ    アゲハ

   ●さいたま市:深作遊水池(2018年6月8日 8:30~10:30 天気:晴れ)
     地元では,「セッカ」の数が少なくなってきているように感じています。
     そうした中,ここでは,元気に飛び回る姿を見ることができます。
     今日は,埼玉県警のヘリが,振り込めサギ防止のキャンペーンを
    していて,空からの拡声器の大きな声で,「セッカ」の出も今一つで,
    ちょっと残念でした。
     「ゴイサギ」は隠れるように,木に止まっていました。何とか証拠写真
    が撮れないかと思案していると,飛び出して別の木に移動しました。
     食欲の旺盛な「スズメ」は,食べるのに夢中でした。

    観察できた野鳥
     キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,ゴイサギ,ダイサギ,コゲラ,
     ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,
     オオヨシキリ,セッカ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,
     ホオジロの19種類

         
       ←  セッカ  →      ゴイサギ    スズメ      モンシロチョウ

   ●さいたま市:岩槻城址公園の近辺
                      (2018年6月7日 9:00~11:00 天気:晴れ)

     最近,「ツミ」の声を良く聞きますので,何とか見つけたいと思い,
    あちこちを探して,ようやく姿を捉える事ができました。
     岩槻城址公園から1kmも離れていませんので,近辺としました。
     大きな樹木は,個人の畑の中なので近寄ることができません。
     遠くからでも,その精悍な,格好良い姿は,良く分かります。
     少し離れた場所では「オオヨシキリ」が賑やかです。
     「シジュウカラ」が家族で行動していました。
     「コチドリ」もひょっこりと姿を見せてくれました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,キジバト,アオサギ,ダイサギ,チュウサギ,コチドリ,ツミ,
     コゲラ,オナガ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ
    ,ツバメ,ヒヨドリ,オオヨシキリ,セッカ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ
    ,セグロセキレイ,カワラヒワ,ホオジロの23種類

        
        ←  ツミ  →     オオヨシキリ  シジュウカラ    コチドリ

 ●東京都:浮間公園(2018年6月4日 9:15~10:30 天気:晴れ)
     今年も「ササゴイ」がきていました。1時間程の間に,数回姿を見せて
    くれ,今夏初観察となりました。
     上空では,「イワツバメ」が飛び回っていましたが,「ヒマアマツバメ」も
    混ざっていました。「イワツバメ」も今夏初観察です。
     「カルガモ」が7羽の雛を連れていました。親は,雛が離れ離れになら
    ないように,気を使っていました。いやー可愛いですね。
     「カイツブリ」も同様に,雛と一緒に行動していました。
     他を回ってこようと思っていましたが,暑くなってきましたので,大宮で
    行き付けの珈琲店で一休みして帰りました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,カイツブリ,キジバト,ササゴイ,アオサギ,ダイサギ,バン,
     ヒメアマツバメ,コゲラ,オナガ,ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,
     イワツバメ,ヒヨドリ,スズメ,ムクドリ,カワラヒワの18種類

         
      ←  ササゴイ  →   イワツバメ  ヒメアマツバメ    カルガモ  カイツブリ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2018年6月1日 9:00~11:00 天気:晴れ)
     やはり「コヨシキリ」は通過だったようです。残念,でもこれからも観察
    は続けますので,また出遭えたらお知らせします。
     猛禽2羽が同時に出現です。後ろからカラスが追って行きます。
     あっという間に一羽は飛び去り,もう一羽は林の中に入りました。
     がっかりしてちょっと待っていると,カラスに追われて飛び出してきて,
    北の方向に飛んで行きました。
     写真判定で,「チョウゲンボウ」と「オオタカ」だと判りました。
     「ガビチョウ」が大きな声でその存在を示していました。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,ゴイサギ,オオタカ
    ,コゲラ,チョウゲンボウハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,
     ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ,オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,
     カワラヒワ,ホオジロ,ガビチョウの22種類

        
         ←  オオタカ  →     チョウゲンボウ   ガビチョウ



                    戻 る