観察記録(主に野鳥)です。

  <<2019年5月のさいたま気ままなぶらぶら歩き>>

   ○おまけ(2019年5月30日)
     ちょっと気になる「オオタカ」を観察しましたので,紹介します。
     場所は,岩槻文化公園の上空で,高い位置を,北東から南西方向に
    悠然と一切羽ばたかず,架空して飛んで行きました。
     何か,いつもより白っぽく見え,「ハヤブサ」かなとも思えたのですが,
    画像を確認して,ぎょぎょぎょ,えー,ひょっとして「シロオオタカ?」。
     そんことないよね?,ということで画像をアップしてみました。
     ヤンマ(トンボ)の画像は,別の日に別の場所で撮影しました。

         
     ← シロオオタカ? →      ギンヤンマ   クロスジギンヤンマ  サラサヤンマ

   ●日光市:日光植物園(2019年5月28日 11:00~13:30 天気:曇り)
     今日は,トラスト7号地のボランティアスタッフの親睦と研修を兼ねた
    バス旅行に行って来ました。
     トラスト7号地を7時に出発し,9時半に日光植物園に着きました。
     始めに,場長(東大の先生)さんから,植物中心とした興味深い内容
    を分かり易く,面白くお話をして頂きました(9:30から約一時間)。
     その後は解散となり,14時まで自由行動です。そこで野鳥を中心に
    園内を散策してきました。
     「キビタキ」,「サンショウクイ」の声が心地良く聞こえていました。
     やはり葉が多く探すのは一苦労ですが,堪能することができました。
     4月末に日光に出掛けた時,「サンショウクイ」には遇えなかったので,
    良かったです。
     多くの,植物や昆虫も観察できて,とても楽しい一日となりました。
     但し,「カワトンボ」の判定は専門家でも難しく,今は,生息地となって
    いるようです。
     「ニホンカワトンボ」のようですが,「カワトンボ」と表記しました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,キジバト,トビ,コゲラ,サンショウクイ,カケス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,ウグイス,エナガ,
     センダイムシクイ,メジロ,キビタキ,スズメ,カワラヒワの17種類

          
         ←  キビタキ  →         ←  サンショウクイ  →

           
      センダイムシクイ    ハンカチの木   アサギマダラ    カワトンボ

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2019年5月25日 9:00~10:45 天気:晴れ)
     今日は,小学校の運動会が行われ,いつもの駐車場が一杯で,車を
    止められず,ちょっと困りました。でも,それが幸いして,止める場所を
    探していると,どうも「コヨシキリ」らしき声が聞こえてきました。
     慌てて,近くに止めて観察すると,間違いなく「コヨシキリ」の声です。
     近くから声はするのですが,姿は分かりません。うーん。
     辛抱強く探して,何とか葦原の中をちょこちょこ動くのを見つけました。
     やったあー,やはり「コヨシキリ」だと小躍りしてしまいました。
     一瞬,上に出てきてくれましたので,証拠写真は撮れました。
     多くの「オオヨシキリ」がいる場所とは違うので,留まって欲しいです。
     「シジュウカラ」のヒナが巣立ち,「ヒバリ」は元気な声を出し,「キジ」
    がペアで行動していました。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,アオサギ,
     ダイサギ,オオバン,カワセミ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,
     シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ,ウグイス,オオヨシキリ,
     コヨシキリ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロ
     の24種類

        
     コヨシキリ  オオヨシキリ  シジュウカラ    ヒバリ       キジ

   ●習志野市:谷津干潟・他(2019年5月24日 9:00~12:00 天気:晴れ)
     暫く,ご無沙汰でしたので,急に思い立って出掛けたのですが,全く
    タイミングが悪かったようで,三番瀬は,遥か遠くに「オオソリハシシギ」
    が見える位でした。一時間程待ち,諦めて,谷津干潟に移動しました。
     調べてなかったので,潮の状態が悪く,干潟は殆どない状態でした。
     仕方がなく,観察センターに入って,そこで観察をしてきました。
     65歳以上は180円でしたので,何か,得をした気分になりました。
     備え付けのスコープを覗いていると,遥か遠くに,「チュウシャクシギ」
    らしき個体が数羽見えたので,急いで確認に向かいました。
     間違いなく,「チュウシャクシギ」で6羽確認できました。
     3羽の「オナガガモ(♂)」の内,2羽が赤銅色をしていました。去年,
    地元で初めて見て,何でだろうと思っていましたが,益々不思議ですね。
     雄の赤銅色しか見ていないので,雌にも存在するのか気になりました。
     雌がいなかったのが残念でした。
     早めに,引き上げようと駅に向かい,最後に,ふっと後ろを振り返ると,
    何と,夏羽の「ハジロカイツブリ」ではないですか。やったー,ラッキー。
     長いヘビ?のような獲物を銜えて顔を出し,瞬く間に飲み込みました
     慌てて仕舞ったカメラを取り出し大興奮でした。良かったあ振り返って。
     次回は,タイミングを図って出掛けようと思います。反省。

    観察できた野鳥
     オナガガモ,カルガモ,カイツブリ,ハジロカイツブリ,キジバト,カワウ,
     アオサギ,ダイサギ,ダイゼン,コチドリ,オオソリハシシギ,
     チュウシャクシギ,キアシシギ,イソシギ,オナガ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒヨドリ,オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,
     ハクセキレイ,カワラヒワの24種類

         
        ← ハジロカイツブリ →     ← チュウシャクシギ →

         
       オナガガモ    ダイゼン    キアシシギ    イソシギ

   ●加須市:渡良瀬遊水池・他(2019年5月19日 9:00~11:30 天気:晴れ)
     「カッコウ」に遇いたくて出掛けたのですが,まだ,早かったようです。
     残念でした。来月,再挑戦しようと思います。
     「シラコバト」のポイントと遊水池の4ポイントを回って遊んで来ました。
     「シラコバト」は6羽いましたが,写真は今一つです。
     「コウノトリ」が鉄塔の上にいるので,近づいて観察しようと,向かうと
    飛び立たれてしまい,ちょっと待ちましたが,戻ってきませんでした。
     「キアシシギ」は狭いところに,50羽位がまとまっていました。
     「ウグイス」,「オオヨシキリ」,「オオセッカ」,「セッカ」,「ヒバリ」の
    大合唱で,大賑わいでした。
     「オオセッカ」,「コヨシキリ」は,今夏,初観察です。
     「ササゴイ」は,遠くを飛んで行きましたが,「ヨシゴイ」はダメでした。
     思っていたより暑くなりましたので,早めに引き上げました。
     余談ですが,20年以上前に見た3県境はとても素朴なものでした。
     最近,整備し直したと聞いていたので,行きたいと思っていました。
     今日,寄り道をしてみると,りっぱな県境になっていてびっくりでした。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,シラコバト,
     コウノトリ,カワウ,ゴイサギ,ササゴイ,アオサギ,ダイサギ,
     チュウサギ,コサギ,オオバン,キアシシギ,トビ,モズ,オナガ,
     ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,
     ヒヨドリ,ウグイス,オオセッカ,オオヨシキリ,コヨシキリ,セッカ,
     ムクドリ,スズメ,カワラヒワ,ホオジロ,ガビチョウの35種類

        
     コウノトリ     ← オオセッカ →        セッカ    コヨシキリ

        
     キアシシギ    ヒバリ     シラコバト       ← 3県境 →

   ○おまけ(2019年5月18日)
     今日は,赤羽で用事がありましたので,早めに家を出て,途中下車し,
    小一時間程野鳥観察をしました。場所は東京都の浮間公園です。
     今年も「ササゴイ」が来ていました。木が大きく伐採されていたので,
    どうかなと心配しましたが,待つこと15分位で,飛ぶ姿が確認できました。
     なかなか出てくれず,ダメなのかと思いましたが,ほっとしました。
     上空を数羽の「イワツバメ」が飛び交っていて,池には「キンクロハジロ」
    が残っていました。「キンクロハジロ」は越夏するのかな?。
     「ササゴイ」,「イワツバメ」は今夏初観察です。

         
         ←  ササゴイ  →      イワツバメ  キンクロハジロ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2019年5月15日 9:30~11:30 天気:曇り)
     か弱い声が聞こえ,「メボソムシクイ」だと思っていましたが,画像から
    「センダイムシクイ」だと判りました。根拠は下嘴が鮮やかなオレンジ色
    一色だからです。13日に岩槻城址公園で,今季初めて「メボソムシクイ」
    を見てましたので,岩槻文化公園にも来ていると思い込んでいました。
     この思い込みと,か弱い声が”ちょりちょり”と聞こえ勘違いしたようで,
    声での識別には,その特徴が曖昧な場合は十分な注意が必要ですね。
     上空高く,二羽の「ヒメアマツバメ」が旋回していました。
     高すぎて,分かり難い画像となっていますが,お許しください。
     また,「ツバメ」の水に浸かって飛び出すという行為が観察されました。
     何とためにしているのかなあー,水を飲むのがヘタなだけなのかな?。
     どなたか,ご存知でしたら教えてください。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,アオサギ,
     ヒメアマツバメ,イソシギ,コゲラ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,
     シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ,エナガ,センダイムシクイ,
     オオヨシキリ,ムクドリ,スズメ,ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロ
     の23種類

        
      ←センダイムシクイ→    ヒメアマツバメ    ツバメ    オオヨシキリ

   ○おまけ(2019年5月12日)
     今日は,車で「シギ・チ」を探しにいくつかのポイント回って来ました。
     収穫は,今季初めての「キアシシギ」で,春日部市の谷原新田です。
     更に,ラッキーなことに「オオタカ」が「ムナグロ」を捕獲し,連れ去る
    のを目撃し,大興奮しました。先日,「カラス」を捕獲した時と同じように
    「ムナグロ」を水没させてから,持ち去って行きました。
     場所は,蓮田市の笹山地区です。

      
       ← キアシシギ →         ←    オオタカ    →

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2019年5月11日 9:00~11:30 天気:晴れ)
     今夏初めて,「コアジサシ」の観察ができました。どうやらペアのようで,
    一羽(雄)が捕まえた魚をもう一羽(雌)にあげていました。機会は,1回
    しかなくて,その後は杭に止まったままでした。
     「タシギ」が田植えの終わった水田で餌を探していました。
     婚姻色(伸びた冠羽,目先のピンク色)の「コサギ」がドジョウを捕まえて
    食べていました。この時の背中のカールした飾り羽も綺麗ですね。
     「メジロ」が巣材を調達しにきていました。近くに巣があるのかな?。
     一週間程経過して,葦も生長し,背丈が少し高くなって来ました。
     その葦原に「オオヨシキリ」が来て,とても賑やかになっていました。
     「ムナグロ」は,離れて二つの集団がいました。
     「ハクセキレイ」も頻りに,囀って?いました。
     今日も,「ヒヨドリ」の観察はできませんでした。一瞬こんな時期もある
    のですね,いないと,何時もの賑やかさがなくて,何か寂しいですね。

    観察できた野鳥
     キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,カワウ,アオサギ,ダイサギ,
     コサギ,ムナグロ,コチドリ,タシギ,コアジサシ,カワセミ,コゲラ,
     チョウゲンボウ,モズ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,
     ヒバリ,ツバメ,メジロ,オオヨシキリ,セッカ,ムクドリ,スズメ,
     ハクセキレイ,カワラヒワ,ホオジロの29種類

        
       ← コアジサシ →        ← ムナグロ →     オオヨシキリ

         
       タシギ       コサギ      ← メジロ →   チョウゲンボウ

   ○おまけ(2019年5月10日)
     今季,岩槻文化公園で「キビタキ」の声は良く聞きますが,姿は,中々
    見せてくれません。もうシーズンが終わってしまうので諦めていましたが
    今日は,何とか粘ってしっかりと観察することができました。
     やったあー,ラッキー!!。

        
              ←     キビタキ     →

   ●さいたま市:岩槻城址公園(2019年5月9日 8:45~11:15 天気:薄曇り)
     「センダイムシクイ」の声が聞こえますが,葉が多く姿は分かりません。
     暫く,他を歩いて戻ってみると,少し声が大きく聞こえます。
      そこで,ちょっと待ってみると,動く個体を見つけました。
      双眼鏡で間違いないと分かり,どうにか追尾して,ワンショット撮影が
     できました。何とか,証拠写真になったかな。
      やれやれと散策を続けると今度は「キビタキ」の声ですが,同じように
    姿は見つけられませんでした。
     一回りして,「アオサギ」,「ダオサギ」の営巣場所を確認し,帰り際に
    もう一度「キビタキ」をと,そちらに向かうと,最初の観察場所より手前で
    声が聞こえ,一瞬ですが姿を確認できました。
     こちらもワンショットでしたが撮影できました。
     これも,証拠写真になったかな。若い雄のようでした。
     「アオサギ」と「ダイサギ」は去年より多い,20ペア位営巣しています。
     巣作りや交尾をしているようなペアがいたり,もう既に雛が誕生している
    ペアもいました。
     今日も,「ヒヨドリ」は観察できないかと思いましたが,5,6羽の集団で
    飛んで行くのを確認できました。

    観察できた野鳥
     カルガモ,キジバト,アオサギ,ダイサギ,コゲラ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ツバメ,ヒヨドリ,センダイムシクイ,
     メジロ,ムクドリ,キビタキ,スズメ,カワラヒワの15種類

        
    センダイムシクイ    キビタキ      ←  ダイサギ  →     アオサギ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2019年5月8日 8:45~10:45 天気:晴れ)
     四日ぶりの散策でしたが,大分様変わりしていました。
     一番は,「ヒヨドリ」の観察ができなかったことです。「ムクドリ」の観察が
    できなかったことはありましたが,「ヒヨドリ」は初めてです。
     その代わりに「スズメ」の姿がとても多かったです。「ヒヨドリ」がいると
    追い払われてしまうのかもしれませんね。
     「メジロ」,「カワラヒワ」の囀りがとても賑やかでした。賑やかといえば
    川岸の葦原から「オオヨシキリ」の声が聞こえるようになりました。
     場所を変えようと思い,戻ろうとすると「キビタキ」の声です。
     居合わせた鳥友(3名)と一緒に探しましたが見つけられませんでした。
     うーん残念,元荒川の東側の田圃に「ムナグロ」を探しに行きましたが,
    そちらも空振りでがっかりです。「コアジサシ」や「キアシシギ」は?。
     「アマサギ」もまだですね。も少しかな。いよいよ夏シーズンですね。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,ダイサギ,カワセミ,
     コゲラ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,ヒバリ,ツバメ,シジュウカラ,
     エナガ,メジロ,オオヨシキリ,ムクドリ,キビタキ,スズメ,カワラヒワ,
     ホオジロの21種類

               
        スズメ     エナガ   カワラヒワ       キンラン   ギンラン

   ●蓮田市:黒浜沼周辺(2019年5月3日 9:00~11:45 天気:晴れ)
     今日も,「キビタキ」に出遭う事ができました。それも近い距離で,二羽
    確認できました。写真はうまく撮れず,やっとの事で証拠写真程度です。
     今季,「キビタキ」の数は多いのかな?。嬉しいことですね。
     「ムナグロ」は80羽を超える集団がいましたが,場所が悪く分かり難い
    画像となってしまいました。他のシギチを探しましたが「コチドリ」だけしか
    見つけられませんでした。
     今夏,初めて「オオヨシキリ」の撮影ができました。まだ,葦が伸びきって
    いないので,場所が限定されていますが,これから賑やかになるでしょう。
     「キジ」が目の前を堂々と歩いていきました。
     時間差で,上空高く,「オオタカ」と「ハイタカ」が飛んで行きました。
     気がつくのが遅かったのと,いかんせん遠すぎました。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,コガモ,カイツブリ,キジバト,アオサギ,
     ダイサギ,チュウサギ,オオバン,ムナグロ,コチドリ,ハイタカ,
     オオタカ,カワセミ,コゲラ,モズ,オナガ,ハシボソガラス,
     ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,ツバメ,ヒヨドリ,メジロ,
     オオヨシキリ,ムクドリ,ツグミ,キビタキ,スズメ,ハクセキレイ,
     カワラヒワ,ホオジロの33種類

        
      キビタキ   オオヨシキリ  ムナグロ     キジ      オオタカ

   ●さいたま市:岩槻城址公園(2019年5月2日 9:00~10:45 天気:薄曇り)
     予報通り,お天気が目まぐるしく変化して,少し,落ち着かない状態での
    観察となりました。それが幸いしてか,初めの頃は人も少なく,「キビタキ」
    を独り占めできました。三方が土手で囲まれた場所でしたので,声が良く
    反響し,多種多彩な声を堪能しました。若い雄で,オオルリを思わせたり
    ”ちょっとこい”も交え,本番に備え,一生懸命練習していたのかも?。
     写真のデキは良くありません。でも,雰囲気は出ているかな...?。
     「オナガ」は数多く集まっていますが,コロニーを作るのでしょうか?。
     ひょっとして,近くで「ツミ」が営巣.....,だと良いのですがね。
     「アオサギ」,「ダイサギ」は子育て中です。
     急に,雨が降り出したので,慌てて引き上げましたが家に着く頃には
    止んでしまいました。あーあ残念,また今度。

    観察できた野鳥
     カルガモ,カイツブリ,キジバト,アオサギ,ダイサギ,コゲラ,オナガ,
     ハシボソガラス,ハシブトガラス,ヤマガラ,シジュウカラ,ツバメ,
     ヒヨドリ,エナガ,メジロ,ムクドリ,キビタキ,スズメ,ハクセキレイ,
     カワラヒワ,シメ,ホオジロの22種類

        
            ←    キビタキ    →          オナガ

   ●さいたま市:岩槻文化公園(2019年5月1日 9:15~11:15 天気:薄曇り)
     前回が余りにも良すぎたので,今回はちょっと寂しかったです。
     「キビタキ」は3ヶ所で声を聞けましたが,ちらっと見られただけでした。
     遠くの高い木に「コムクドリ」が止まっているのは分かりましたが,一羽
    しか確認できませんでした。少し近づいて証拠写真は撮れました。
     「エナガ」,「メジロ」,「オナガ」は林の奥の方で動き回っていました。
     「キジ」,「コジュケイ」も大きな声だけでした。
     「コチドリ」,「ヒバリ」は反対側の田圃の方から声が聞こえてきました。
     陸上競技場の芝生の上に良くいた「ツグミ」は,いなくなっていました。
     また,「アオジ」にも出遭えませんでした。
     「ノウルシ」は終わりに近づき,「アマドコロ」,「チョウジソウ」が見頃に
    なりました。この場所は,”生態系保護協会”の方達が,回りを草刈して
    守ってくれています。感謝あるのみです。

    観察できた野鳥
     コジュケイ,キジ,カルガモ,カイツブリ,キジバト,コチドリ,カワセミ,
     コゲラ,オナガ,ハシボソガラス,ハシブトガラス,シジュウカラ,ヒバリ,
     ツバメ,ヒヨドリ,エナガ,メジロ,ムクドリ,コムクドリ,キビタキ,スズメ,
     ハクセキレイ,カワラヒワ,シメ,ホオジロの25種類

             
         ←  コムクドリ  →         チョウジソウ  アマドコロ



                    戻 る